相続 目黒区 遺言書 FP ライフプラン 行政書士

相続,遺産,遺言,目黒,内容証明,行政書士 初めての方でもお気軽にご相談ください。03-5721-1444
財産は、居宅の他には少々の貯金くらいです。それでも、遺言は必要ですか? 
財産の多寡と遺言の必要性とは関係ありません。
財産が居宅と少々の預金しかない場合、相続人が複数人いると遺産分割で困ります。
例えば、残された妻がその居宅に住んでいる場合、遺産分割のために 居宅を処分しなければならなくなり住む場所に困るような事態も考えられます。
遺言書によって妻に居宅を相続させることができます。
遺言書の様式について教えてください。 
自筆証書遺言についてお答えします。遺言本文と日付・氏名が自筆であり、印 が押されいれば、メモでも名刺の裏でも大丈夫です。一般的には、便箋とか白 い紙に書き、封筒に入れて表書き、裏書をします。封印はしてもしなくてもどち らでも構いません。 
遺言の保管場所について教えてください。 
自筆証書遺言の保管場所は、誰にでもわかる場所では、偽造・変造の恐れがあります。誰もわからない場所だと見つけてもらえなくなります。信頼の置ける人に預けるとか、銀行の貸し金庫など良いと思われますが、銀行の場合は貸金庫の存在を知られていないと遺言を見つけるのが遅くなり協議分割後に発見されることもあります。いずれにしても、遺言を書いたことを周囲に知らせておく事が大事です。 
夫婦が共同で書いた遺言書で大丈夫ですか?
共同の遺言書は認められません。民法975条で「共同遺言の禁止」を定めています。2人以上のものが同一の証書で遺言を書くと、無効になります。各々、一通ずつ書きましょう。
私達夫婦には子供がいないので、わざわざ遺言書など書く必要は無いのでは ないでしょうか? 
夫婦に子供がいないまま、夫が死亡した場合、遺言書が無いと法定相続となり、残された妻の他に夫の親、親が死亡している場合は夫の兄弟姉妹が相続人となります。したがって妻に全財産を相続させたい場合はその旨遺言書に書かなければなりません。夫の親が生きている場合は遺留分を請求された場合、妻が全体の6分の5、夫の親が全体の6分の1という割合で相続することになりますが、兄弟姉妹の場合、兄弟姉妹には遺留分がありませんので、遺言書通り全財産を妻に残すことが出来ます。
自分達夫婦の面倒を良くみてくれている息子の嫁に遺産を残したいが、どうすれば良いですか?  
息子の嫁には、相続権がありません。息子が先に死亡している場合でも息子の相続権は代襲相続で孫へいき、嫁には権利がありません。したがって嫁へ遺産を残したい場合、財産を嫁に遺贈する旨、遺言書に書く必要があります。また、遺言を書く方法の他に、嫁と養子縁組をする方法もあります。養子縁組し法律上の親子となれば、息子の嫁にも息子と同じ相続権が生じます。 
遺言で預貯金や不動産を渡す相続人を決めてしまったら自由に預貯金を下ろし たり不動産を処分したり出来なくなってしまうのではないですか? 
遺言書を書いたからといって書かれている財産の処分が制限されることはありません。遺言書は書いた人が死亡した時にはじめて法的効力を生ずるものなので、生きている間は何の拘束もなく、自分の財産は自由に使うことが出来ます。
一度書いた遺言書を書き直したり、取り消したりすることは出来ますか?
遺言の内容は何度でも自由に書き直したり、取り消したりすることが出来ます。これは自筆証書遺言であろうと公正証書遺言であろうと関係なく、遺言書を書いた後事情が変わったり、考えが変わったら自由に書き直せます。また新たに書く遺言書は前の遺言書と同じ方式にする必要もありませんので、以前書いた公正証書遺言を自筆証書遺言で取り消すなど自由に出来ます。